« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.29

2012年2月のジョギング

201202jog


翌月は京都マラソンといった状況での練習

Runkeeperによる計測結果

 

(2012/09/24に追加)

|

FB2012年02月

平井利明のメモ

続きを読む "FB2012年02月"

|

平成24年02月20日最高裁判所第一小法廷判決(独占禁止法違反関連)

平成22(行ヒ)278審決取消請求事件
平成24年02月20日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄自判】

原審
東京高等裁判所
平成20(行ケ)25
平成22年03月19日

裁判要旨
都市基盤整備事業を行う法人が特定の地域において指名競争入札の方法により発注する一定規模以上の土木工事について複数のゼネコンがした受注予定者の決定等に関する合意が,独禁法(平成14年法律第47号による改正前のもの)2条6項所定の「不当な取引制限」に当たるとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82009&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120220122551.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2012.02.28

日本近代医学のあけぼの

Img_4396

|

平成24年02月20日最高裁判所第一小法廷判決(人身傷害条項と保険会社の代理関連)

平成21(受)1461損害賠償請求事件
平成24年02月20日最高裁判所第一小法廷判決

原審
札幌高等裁判所
平成20(ネ)359
平成21年04月10日

裁判要旨
1 人身傷害条項に基づき被害者が被った損害に対して保険金を支払った保険会社は,損害金元本に対する遅延損害金の支払請求権を代位取得することはない
2 人身傷害条項の被保険者である被害者に過失がある場合,保険金を支払った保険会社は,上記保険金の額と過失相殺後の損害賠償請求権の額との合計額が裁判基準損害額を上回る額の範囲で損害賠償請求権を代位取得する

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82008&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120220120905.pdf

判決文より

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

続きを読む "平成24年02月20日最高裁判所第一小法廷判決(人身傷害条項と保険会社の代理関連)"

|

2012.02.27

平成24年02月16日最高裁判所第一小法廷判決(信教の自由等関連)

平成23(行ツ)122財産管理を怠る事実の違法確認請求事件
平成24年02月16日最高裁判所第一小法廷判決

原審
札幌高等裁判所
平成22(行コ)4
平成22年12月06日

裁判要旨
市が連合町内会に対し無償で神社施設の敷地としての利用に供していた市有地につき,その無償提供行為の違憲性を解消するため氏子集団による上記神社施設の一部の移転や撤去等と併せて同市有地の一部を氏子総代長に賃貸することが憲法89条,20条1項後段に違反しないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82003&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120216154421.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月16日最高裁判所第一小法廷判決(仮換地の指定関連)

平成23(行ヒ)166建築物等移転通知及び照会処分取消請求事件
平成24年02月16日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄自判】

原審
福岡高等裁判所
平成21(行コ)36
平成23年02月08日

裁判要旨
仮換地の指定が照応の原則を定める土地区画整理法89条1項に違反しないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82002&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120216144051.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2012.02.26

ひととき

Img_4379

|

平成24年02月13日最高裁判所第一小法廷判決(事実誤認関連)

平成23(あ)757覚せい剤取締法違反,関税法違反被告事件
平成24年02月13日最高裁判所第一小法廷判決

【 破棄自判】

原審
東京高等裁判所
平成22(う)1488
平成23年03月30日

裁判要旨
1 刑訴法382条にいう「事実誤認」の意義
2 刑訴法382条にいう「事実誤認」の判示方法
3 覚せい剤輸入等被告事件について,被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81993&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120213161911.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月13日最高裁判所第二小法廷決定( 鑑定人たる医師についての秘密漏示罪関連)

平成22(あ)126秘密漏示被告事件
平成24年02月13日最高裁判所第二小法廷決定

原審
大阪高等裁判所
平成21(う)702
平成21年12月17日

裁判要旨

1 医師としての知識,経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた医師がその過程で知り得た人の秘密を正当な理由なく漏らす行為と秘密漏示罪の成否
2 医師が医師としての知識,経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた場合の刑法134条1項の「人の秘密」の範囲
3 刑法134条1項の罪の告訴権者

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81997&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120216100930.pdf

 

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

2012.02.25

平成24年02月14日最高裁判所第一小法廷決定(再審請求関連)

平成23(し)500再審請求棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件
平成24年02月14日最高裁判所第一小法廷決定

原審
福岡高等裁判所
平成23(け)13
平成23年10月31日

裁判要旨
控訴棄却の確定判決に対する再審請求が適法な再審事由の主張がなく不適法であることが明らかなときには,刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止をすることなく再審請求を棄却することも許される

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82006&hanreiKbn=02

決定文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120217091158.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月09日最高裁判所第一小法廷判決(国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴え関連)

平成23(行ツ)177国歌斉唱義務不存在確認等請求事件
平成24年02月09日最高裁判所第一小法廷判決

原審
東京高等裁判所
平成18(行コ)245
平成23年01月28日

裁判要旨
1 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令の違反を理由とする懲戒処分の差止めを求める訴えについて行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められた事例
2 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについて無名抗告訴訟として不適法であるとされた事例
3 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについて公法上の法律関係に関する確認の訴えとして確認の利益があるとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81982&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120209175809.pdf

 

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月08日最高裁判所第三小法廷決定(業務上過失致死傷関連)

平成21(あ)359業務上過失致死傷被告事件
平成24年02月08日最高裁判所第三小法廷決定

原審
東京高等裁判所
平成20(う)432
平成21年02月02日

裁判要旨
1 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し,歩行者らを死傷させた事故について,同トラックの製造会社で品質保証業務を担当していた者において,同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務があるとされた事例
2 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し,歩行者らを死傷させた事故と,同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務に違反した行為との間に因果関係があるとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81989&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120213110019.pdf

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月07日最高裁判所第三小法廷決定(不動産競売関連)

平成23(許)31担保不動産競売手続取消決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件
平成24年02月07日最高裁判所第三小法廷決定

原審
東京高等裁判所
平成22(ラ)2289
平成23年03月31日

裁判要旨
民法258条2項所定の競売を命ずる判決に基づく不動産競売については,民事執行法59条及び63条が準用される

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81984&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120210155813.pdf

判決文より
「民法258条2項所定の競売を命ずる判決に基づく不動産競売について,民事執行法59条が準用されることを前提として同法63条が準用されるものとした原審の判断は,正当として是認することができる。」

裁判官岡部喜代子の補足意見がある。

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月06日最高裁判所第三小法廷決定(債権管理回収業関連)

平成22(あ)787債権管理回収業に関する特別措置法違反被告事件
平成24年02月06日最高裁判所第三小法廷決定

原審
大阪高等裁判所
平成21(う)1340
平成22年03月26日

裁判要旨
法務大臣の許可を受けないで,消費者金融会社から不良債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為について,債権管理回収業に関する特別措置法33条1号,3条の罪が成立するとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81980&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120209112112.pdf

|

iPhoneアプリとしての辞書と辞典の追加(旺文社漢字典第2版等)

旺文社漢字典第2版
角川日本史事典
角川世界史事典
旺文社全訳古語辞典(古典を読んだりはしないのですけれどもね)
角川合本俳句歳時記第4版(俳句はしないのですけれどもね)

(世界史・日本史関連は山川のものが出て欲しいですね)

スマホはいつも手元にあるので辞書等として用いるのに最適かつ最強。
よって,良さそうな辞書は自分への投資だと思って購入しています。
(飲みに行ったりジョグのグッヅ購入費に比較すると値段もお手頃)
最近はwiki等で殆ど事足りるようになってきているのですが,やはりある程度オフィシャルな場面になったりすると辞書・辞典関係のものが必要ですね。
特に,言葉の意味を考えたりするときには「漢字辞書」関係は必須だと思います。

既に購入済みのもの
大辞泉(小学館)
大辞林(三省堂)
漢字源4(学研)5が出ているのだが4とあまり大差がなさそうなので思案中)
角川類語新辞典
Dictionary(英々辞書・・・無料)
英和和英研究社中辞典
和伊・伊和辞典(旅行用に買いましたが殆ど使わなかったね,今ならばGoogle翻訳で事足りるのかも)

ところで,
アンドロイド系のストアでは辞書がとても貧弱。
私が,iPhoneに戻ってきた大きな理由の一つは,アップル系は辞書がかなり充実していることにあります(アプリ一般に言えることですが)。
スマホの選択に際しては,ネットへの接続以外に,その機種の性能やこのような役に立つアプリの充実度の比較も不可避だと実感しています。

|

2012.02.24

平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決(労災関連)

平成22(行ヒ)273労働災害補償金不支給決定処分取消請求事件
平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決

原審
広島高等裁判所
平成21(行コ)15
平成22年03月19日

裁判要旨
建設の事業を行う中小事業主が,その使用する労働者を個々の建設等の現場における事業にのみ従事させ,本店等の事務所を拠点とする営業等の事業に従事させていないときは,当該営業等の事業について労働者災害補償保険の特別加入の承認を受けることはできない。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82025&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120224161638.pdf

判決文より

「建築工事の請負を業とする有限会社A(以下「A社」という。)の代表取締役であり労働者災害補償保険法(平成12年法律第124号による改正前のもの。以下「法」という。)27条1号所定の事業主(以下「中小事業主」という。)の代表者として法28条1項の承認に基づき労働者災害補償保険(以下「労災保険」という。)に特別加入していたBが,A社において受注を希望していた工事の予定地の下見に赴く途中で事故により死亡したことに関し,その妻である上告人が,Bの死亡は同項2号にいう「業務上死亡したとき」に当たるとして,法に基づく遺族補償給付及び葬祭料の支給を請求したところ,広島中央労働基準監督署長から,これらを支給しない旨の決定(以下「本件各処分」という。)を受けたため,その取消しを求めている事案」

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

続きを読む "平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決(労災関連)"

|

平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決(安全配慮義務違反に基づく損害と弁護士費用関連)

平成23(受)1039損害賠償請求事件
平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決

原審
大阪高等裁判所
平成22(ネ)2028,2389
平成23年02月17日

裁判要旨
労働者が使用者の安全配慮義務違反を理由に債務不履行に基づく損害賠償を請求するため訴訟追行を弁護士に委任した場合,相当額の範囲内の弁護士費用は上記安全配慮義務違反と相当因果関係に立つ損害というべきである

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82024&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120224145519.pdf

判決文より
「本件は,就労中に事故に遭って負傷した労働者である上告人が,使用者である被上告人の安全配慮義務違反によって上記事故が発生したと主張して,被上告人に対し,債務不履行等に基づく損害賠償を求める事案である。労働者が,使用者の安全配慮義務違反を理由とする債務不履行に基づく損害賠償を請求するため,訴えを提起することを余儀なくされ,訴訟追行を弁護士に委任した場合に,その弁護士費用が上記安全配慮義務違反と相当因果関係に立つ損害といえるか否かが争点となっている。」

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

続きを読む "平成24年02月24日最高裁判所第二小法廷判決(安全配慮義務違反に基づく損害と弁護士費用関連) "

|

2012.02.21

オーシャンアロー号(京都駅にて)

Img_4358_2

|

2012.02.20

Wave Inspire 8

京都マラソンの本番に用いるシューズを思案中。いずれにしても使うであろうからMizunoのWave Inspire 8を買ってきた。
Mercuryも素足感があっていいのだが、今の私の実力から考えると、練習の際の負荷としてはいいけどフルという長丁場には難しいかと考えられることと、幅が少し狭いので思案のしどころ。
そしてこのようなことから物が増えていく。


1329717977122.jpg

向こうに見えるのはInspire7(大阪マラソンのときに履いていたもの)。

|

2012.02.18

iPhoneの画面の向きのロック

iPhone の画面の向きをロック(固定)するには、
ホームボタンを素早く二度押す。
そうするとマルチタスクの画面が一番下に表示される。その画面を右にスライドさせる。
その結果表示された画面の一番左に画面をロックさせるボタンが表示される。

|

2012.02.17

ひととき

Img_4334

Img_4337

|

2012.02.16

大植英次音楽監督最後の定演(田園と春の祭典)

Img_4315

Img_4317

|

2012.02.15

docomoでiPhoneを使うまで

*合法なの?,
ネットで調べると,現在docomoの機種というのは基本的にsimフリー路線なのですね。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/other/index.html
よって,simフリー機種を持ち込んでdocomoのsimを入手して用いることは特に問題が無いようですね。

*amazon日本語サイトでsimフリーのiPhone4Sを購入
8万円ぐらいしましたので正直高い
(しかし,通信料とトータルで考えると安いだろうと見込んでいます)
私のiPhoneは香港から送られてきました。

*docomoショップにiPhoneを持参。
ショップの店員さんはこのようなケースを知らなかったので結構手間がかかりました。契約タイプをどうすればよいのか等は事前に把握してからショップに行くべき。

*docomoショップで「miniSIMカード」を入手

*これをiPhoneに挿入
(simを格納するスペースを空けるのに小さいピンが必要:iPhoneのボックスに入っている)

*docomoでの契約
(iPhone使用に適した契約内容に変更する必要があります,いくつかパターンがあるようなので,自分に適した内容のものを選択する必要があります)
これもネットで調べてみたもので,本当に正しいのかどうかは不明ですが,使えているので問題は無いのでしょう(1ヶ月後の料金請求まではちょっと不安ですが)
1)タイプXiにねん
2)mopera U スタンダードプラン
(自分の契約しているプロバイダーが対応していない場合に必要)
3)Xiパケ・ホーダイ フラット
(7Gまで定額,但し,iPhoneはLTEに対応していないためXiの高速通信は不可,通話料の割引がないとのこと)

なお,iモード(spモード)は使えないようなので解約。
スマートフォンを持つようになって,携帯独自のアドレスは極力使わないようにしていたので個人的にはあまり影響はありません。

何が良くなったか(個人的感想)
・住所録関係の整理等が容易
(outlookとiPhoneの連絡先は同期が出来る。個人的にはこれがとても有り難い,アドレス管理等が一元化できる)
・iPhone4Sは反応が早い。
・アンドロイドに比較すると,iPhoneのアプリケーションの質と量が全くもって素晴らしい(iPadとも共通で使える)。
・カメラが素晴らしすぎる。
・docomoは使えるエリアが広い,またそれなりの速度で使える。
・上記のdocomo契約にするとデザリングの料金が含まれている。
(iPhoneを起点としてWifi接続が可能,よってモバイルPCやWifiタイプのiPadをネットに接続させることが可能となる)

SoftBankのiPhone3Gs
(なんといってもつながらない場所が多すぎる)
docomoのSH-12C(アンドロイドフォン)
(反応がにぶく,アプリも貧相,接続もなぜか遅い)
を使ってきた経験から考えると,
やはりdocomo+iPhoneはかなり有用
それが現時点での感想。

ご参考
http://www.sim-free-iphone.com/
(このサイトで殆どの部分を勉強させていただきました。非常に有益なサイト)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/066/66818/
http://d.hatena.ne.jp/jnsp/20111126

|

2012.02.14

医事関係訴訟の現状(最高裁判所)

医事関係訴訟に関する統計

1.医事関係訴訟事件の処理状況及び平均審理期間
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_01.html

2.医事関係訴訟事件の終局区分別既済件数及びその割合
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_02.html

3.地裁民事第一審通常訴訟事件・医事関係訴訟事件の認容率
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_03.html

4.医事関係訴訟事件の診療科目別既済件数
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/izikankei/toukei_04.html

医療訴訟に関する統計

ときどき必要になるので検索用のメモとして。

平井利明のメモ

|

2012.02.10

関空特急はるか

1328866298980.jpg

| | コメント (0)

2012.02.09

iPhoneのメール表示数

iPhoneのメール表示件数は1000件に変更できるようになっているのですね。
200件だと少なくて困っていたのですが。

|

2012.02.07

梅(2012)

Img_4222

京都御苑にて

Img_4224

|

同期にて

今宵は,この世界に入った同期の方々との飲み会だった。

それぞれ変わらないねと思いつつも,それなりの役目についてそれなりのことをしなければならないといった立場にも各々があり。

かつて,私達が見上げてきた先輩達と,同じことを求められるとも思える世代になってきているらしい。

そんなことを思いつつも,やはり変わらぬところのあるのが同期でもある。

平井利明のメモ

|

ホンコンからやってきたiPhone

Img_0142

両方を使ってみた結果,アンドロイドとiPhoneのどちらがよいかと言われると,iPhone。

何がよいかと言われると,有用なアプリの数の差,そして,iPhoneはoutlookと住所録が同期できる等,実用の差。
アンドロイドフォンは,画面が大きいとか,おサイフ携帯がつかえるとか,スケジュールソフトのジョルテ等は素晴らしい等の利点はいくつかあるが,全体として言うならば,私の使っていた機種(SH-12C)は見かけ倒しで,機能は手広いものの,各々の動きは遅い等あまりユーザーのニーズは考えておらず,メーカー主導の独りよがりといったところが正直な感想。残念ながら,昨今のシャープの聚落は理解が出来ないではない。
色々な意味でシャープには頑張って欲しいのだが,ユーザーの欲するところを大きく無視した作品では,その支持を得ることは無理なのだろうと思う。

落合先生からの,iPhoneのSIMフリーのドコモユーズは良いとのご指摘を受けて,色々とネットで検索してみると,SIMフリーはドコモも推奨しているようで,我が国でもそれなりに受入がされているものだとわかり,一定の安心感を得ることが出来そうな感覚。

そこで,amazon経由で日本の会社を用いてホンコンからiPhoneを輸入し,そのiPhoneを店に持ち込んで,SIMカードをiPhoneでも使うことの出来る小さいタイプに変えてもらう等して,徐々に使える環境を整えた。

従来のドコモスマートフォン → ミニのSIMフリーカードに変更してもらう。
そでまでのデータをPCを用いて,新iPhoneに挿入。

そして,ぼちぼち設定を繰り返して,結果的に,誰かが尾山の大将となる。
それが繰り返されると,良い土地であることが引き続くが,そうでない家庭がコミュニティーに入り込んでしまうと,色々と難しさがある。

そんなことを考えると,一悶着を押さえるのも一つの方補ではある。

|

2012.02.05

思い立ってイタメシ

ジョギングして帰ってきて,
何をどう思ったか,イタメシが食べたくなったので最寄りのお店に。

このようなディッシュなどを・・・・。

1328440233393

1328440238644

1328440242433

1328440239635_2

|

実家からのコース

下りの参考コース?w
発破をかけれどもあまり回転数は上がらず。
しかし,昨日の今日であり,足もかなり辛いことを考えると,それなりの結果?

それでも,ハーフにも行かない距離ではあり,これからが正念場。

2012_02_05_17_4609

|

平成24年02月03日最高裁判所第二小法廷判決(土壌汚染対策法3条2項による通知の処分性関連)

平成23(行ヒ)18土壌汚染対策法による土壌汚染状況調査報告義務付け処分取消請求事件
平成24年02月03日最高裁判所第二小法廷判決

原審
札幌高等裁判所
平成21(行コ)14
平成22年10月12日

裁判要旨
土壌汚染対策法3条2項による通知は抗告訴訟の対象となる行政処分に当たる。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81970&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120203141905.pdf

判決文より
「本件は,土壌汚染対策法(以下「法」という。)3条1項所定の有害物質使用特定施設に係る事業場の敷地であった土地の所有者である被上告人が,当該施設の使用の廃止に伴い,法に規定する都道府県知事の権限に属する事務を行う旭川市長から同条2項による通知を受け,上記土地の土壌汚染状況調査を実施してその結果を報告すべきものとされたことから,上記通知が抗告訴訟の対象となる行政処分に当たることを前提にその取消しを求めている事案である。論旨は,同条2項による通知が抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるとした原審の判断に法令の解釈の誤りがあるというのである。」

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

|

平成24年02月02日最高裁判所第一小法廷判決(パブリシティ権関連)

平成21(受)2056損害賠償請求事件
平成24年02月02日最高裁判所第一小法廷判決

原審
知的財産高等裁判所
平成20(ネ)10063
平成21年08月27日

裁判要旨
1 人の氏名,肖像等を無断で使用する行為は,専らその顧客吸引力の利用を目的とするといえる場合に,いわゆるパブリシティ権を侵害するものとして,不法行為法上違法となる
2 歌手を被写体とする写真を同人に無断で週刊誌に掲載する行為がいわゆるパブリシティ権を侵害するものではなく不法行為法上違法とはいえないとされた事例

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81957&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120202111145.pdf

判決文より
「上告人らが,上告人らを被写体とする14枚の写真を無断で週刊誌に掲載した被上告人に対し,上告人らの肖像が有する顧客吸引力を排他的に利用する権利が侵害されたと主張して,不法行為に基づく損害賠償を求める事案」

平井利明(弁護士@中村・平井・田邉法律事務所)のメモ

続きを読む "平成24年02月02日最高裁判所第一小法廷判決(パブリシティ権関連)"

|

2012.02.04

練習不足ではあるが初じめてのコース

2012_02_04_20_0733タイムもかなり悪く,思っていたほどの距離にもならずではあったけれども,途中からは色々な思い出のあるコーズでもあり。

|

2012.02.03

節分の夜には

1328280577109遅くに帰ってきましたが,しっかりと頂きました。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »