« ブルートレイン「日本海」が昨日ラストランとなった。 | トップページ | BookRemark(iPhoneアプリ) »

2012.03.17

iPhoneによる写真撮影

iOS5.1にアップデートにより,iPhoneの待ち受け画面に「カメラ」のアイコンが表示されるようになった(写真中に赤囲いした部分・・・・待ち受け画像はウチの桜文鳥「いなり」)。
Img_4479パスワードロックをかけていてもカメラを使うことが出来る。
カメラ撮影するときは、瞬時の対応を必要とするときがあるので,ロックを解除する手間をかけることなくカメラを起動させることが出来ることは結構有用である(撮影された写真は,ロックを解除しないと見えないように配慮されている)。

ケータイ「メモ撮り」発想法(山田雅夫著光文社新書)に触れてから,メモすべき事項を携帯電話の写真機能で補完することを活用させている。
実際にやってみるとこれはかなり便利である。携帯電話は,常日頃手元にあるので,メモした事項をいつでも参照したりすることも可能である。
このため,携帯電話を利用していたときには,写真機能が優れていることもあってsharp製の携帯電話を長く使っており,またスマホもsharp製のものを利用していた。

しかし,iPhoneの写真機能の素晴らしさは今までの携帯電話や他社製のスマホどころではない(全ての機種を知っているわけではないが)。コンパクトサイズのデジタルカメラを持ち歩くことが全くなくなってしまった。カメラ機能だけに力を注ぐことが出来ないはずだが,カメラ機能には相当こだわっていることがうかがえる。そして,その事が他の機能も相当力を入れていることを思わせる。
このようなことが出来るのも,一つの機種を大量に生産できるからなのだろう。きっと他のスマホではこのような域に達することはないのだろう。iPhoneの購入費はそれなりにするが,機能等を考えると,他のスマホより割安であることはますますはっきりとしてしまってきているのだろうと感じてしまう。

この能力の高いカメラと即時にカメラを使う機能が付与が,メモ撮りを始めとする写真撮影をとてもスムーズなものとしている。嬉しいことである。

なお,日本で販売されているスマホも携帯もそうですが,色々な盗撮防止等のため(ミュートにしていても)シャッター音が鳴るように設定されていますね。しかし,海外で売られているものはミュートにするとシャッター音も鳴らないのですね。私のiPhoneは,香港で売られていたものをamazonで手に入れたものなので(いわゆるSIMフリーでdocomoのSIMを使っています),ミュートにしておくとシャッター音が鳴りません。そのため,電車内などでも音を気にすることなく写真を撮ることが出来ています。

平井利明のメモ

|

« ブルートレイン「日本海」が昨日ラストランとなった。 | トップページ | BookRemark(iPhoneアプリ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事