« 医療情報の提供のあり方等に関する検討会報告書(厚生労働省) | トップページ | 加害者から治療費、慰謝料及び損害賠償金などを受け取ったとき(国税庁) »

2012.03.11

京都マラソン2012

第1回目となる京都市内で開催されるフルマラソン
2012年(平成24年)3月11日

午前8時20分黙禱
午前8時30分西京極陸上競技場スタート
ゴールタイムは4時間26分台だったと思います。

Img_4470

予想はしていましたがアップダウンの多いコースでしたね。
宝ヶ池から狐坂を下るとき,京都タワーが下界の世界の建物のように見えましたので,それだけ実際に上ってきたのだと変に納得したものです。
競技場を出発して,四条通りを西走して桂川沿いに出ると,美しい山と川と空の世界でした。
まだ元気な頃でもあり,さすが京都は良いねと感じさせる場面。そこから,罧原堤に沿っての嵐山付近までの風景を見ながらのランは心地よさ満点。
しかし,道を折れると道幅は狭くなり,1万5000人の大会は無理があるよねと考えていると9キロ付近で突然の停滞。
また,この辺りから基本的に上りとなるアップダウンの連続。
かと思うと説明もないままにストップした状態がしばらく続く。
runkeeperによってタイム等を計っていたが,9キロ地点で14分を要しているのはそのためである。
さすがに説明もなく大会途中に止められたら怒りも出てしまうでしょう。怒りの声があちらこちらから上がっていた。
その後に,何となくわかったところでは,緊急車両を通行させるためにランナーをストップさせていたようだが,結局最後までその理由は不明だった。
この日は冬将軍の再来が報じられており,気温は低めであったが天気は良くてランをするには非常に良い環境だったのだが,それなりの時間の足止めとなると体が冷えて困ったものでしたが,何とか再開となって一安心。

その後は,ひたすらアップダウンに耐える時間の連続。途中,自分が学んだ立命館大学の衣笠キャンパスの横を通りぬけるときなどは,感慨深いものがあり,大学横を過ぎると道も広くなり,後は,まわりをあまり気にする必要もなくなり自分の体調との問答の繰り返し。
25キロ過ぎ頃には,宝ヶ池方面へと抜けるためにかなり急な坂である狐坂を上らなければならない。しんどKoutei

かった。
これまでフルマラソンは比較的フラットなコースしか経験してこなかったので,このようにアップダウンの多いフルマラソンのコースは初めてだったので,修業のコースだなと1人思いながら耐えていました。しかし,色々なことで被災された方々の苦難を思えば,これぐらいは越えなければならないものだねとも思いながら。
それにしても,まわりを走る人達は足取りも軽そうで元気者が多い。東京マラソンや大阪マラソンなどでは,前方から脱落してきて早々に歩いている者がかなりいたのだが,京都ではあまり見られなかった。アップダウンが予想されまた6時間制限であることが影響したのかもしれないが,頑張る方々が多く,その方々を見て,日本はきっと大丈夫だと思いながらこちらも負けてられないなあと感じながら走っていました。
しかし,前半頑張りすぎたかな。30キロ付近までは,スタートラインから計測を始めた手元の時計でちょうど3時間だった。
我ながら良いペースだったのだが,アップダウンの多いコースで無理をしてしまうと後に響きますね。
計測結果を見ても30キロ過ぎから急にタイムが悪くなってしまっています。
フルマラソンの30kの壁をまともに経験してしまいました。いつ諦めようかなどとも考えつつ,それでも一歩一歩進んでいったのだが35キロ過ぎからの京都大学から銀閣寺前までのだらだらと続く上りは特に辛かった。
それでも,時計を見ると,4時間30分を切ることが出来そうだったことから,最後の力を振り絞ってゴールを目指し,4時間26分台でフィニッシュ(スタート地点までのタイムや途中の停滞のタイムなどを考えると,実質は4時間15分程度だっただろうと思っています)。
平坦なコースの大阪マラソンの正式タイムが4時間50分台(スタート迄18分ほど要したので実質は4時間31分台)だったことを思うと,この坂の多いコースでのこのタイムは自分なりには十分に頑張ったかなと考えています。
しかし,走っている途中は,このコースをもう走りたくないねなどと考えていたのですが,30キロ過ぎ以降の失速はやはり無念なのでリベンジが必要かなと徐々に思うようになってきました。このようにマラソンというのは麻痺性があって怖いのです。

Img_4469

なお,コース等については色々な意見があるでしょうが,観光都市として多くの観光客が訪れる京都市内での大会であることを考えると,相当苦労して選択されたのでしょうから,已むを得ないのだろうと思います。一部河川敷もありましたが,特に問題は無かったと思いますが,給水所等では一部ぬかるみがありましたので,雨の大会だったとすればかなりの問題が生じたかも知れませんが,雨のときのために何らかの対応を考えておられたのでしょう。
そして,ランナーを温かく迎えてそして大きな声援を送って下さった多くの方々,そして,運営を支えて下さった多くのボランティアの方々を含めた大会関係者の力があっての大会でした。また,不便を受けた多くの市民や観光客の理解があっての大会でもありました。このような,多くの方々に感謝をすると共に,来年以降も大会が開催されて成功することを期待しております。

runkeeperによる計測結果
ヨーイドンからの計測のためスタート位置までの移動時間も含まれています)

km Pace (min/km)
1 10:58
2 5:50
3 5:29
4 5:46
5 5:49
6 5:54
7 5:37
8 5:37
9 14:45
10 6:08
11 5:51
12 5:21
13 5:33
14 4:57
15 5:40
16 5:29
17 5:31
18 5:30
19 5:37
20 5:23
21 5:20
22 5:24
23 5:31
24 6:10
25 5:27
26 5:25
27 5:33
28 5:42
29 5:41
30 5:46
31 5:43
32 8:07
33 5:44
34 6:10
35 5:56
36 6:25
37 6:17
38 6:38
39 6:50
40 6:33
41 6:38
42 6:02
43 5:56

正式タイムについては
4月28日のログ「Kyoto Marathon2012の成績」
http://h-t.air-nifty.com/ht/2012/04/kyoto-marathon-.html

<>

Kyotomarathon2012

平成24年3月15日(木)記

平井利明のメモ

|

« 医療情報の提供のあり方等に関する検討会報告書(厚生労働省) | トップページ | 加害者から治療費、慰謝料及び損害賠償金などを受け取ったとき(国税庁) »

活動」カテゴリの記事