« 平成24年03月08日最高裁判所第一小法廷判決 (賃金関連) | トップページ | 祇園にて »

2012.04.10

平成24年03月16日最高裁判所第二小法廷判決(不動産の取得時効と抵当権関連)

平成22(受)336第三者異議事件
平成24年03月16日最高裁判所第二小法廷判決

原審
福岡高等裁判所 宮崎支部
平成21(ネ)116
平成21年11月27日

裁判要旨
 不動産の取得時効完成後,所有権移転登記がされない間に,第三者が原所有者から抵当権の設定を受けてその登記を了した場合,占有者が抵当権の存在を容認していたなど特段の事情がない限り,再度の取得時効により抵当権は消滅する
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=82128&hanreiKbn=02

判決文
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120316164642.pdf

|

« 平成24年03月08日最高裁判所第一小法廷判決 (賃金関連) | トップページ | 祇園にて »

裁判例」カテゴリの記事