« 実家からのジョグ | トップページ | 南海線と四つ橋線の接続構想 »

2012.05.06

異状と異常の違いについて

色々と問題視されている医師法第21条は
「医師は、死体又は妊娠4月以上の死産児を検案して異状があると認めたときは、24時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。」

となっている。ここではわざわざ「異状」という用語が用いられていることから,「異状」と「異常」の違いが語られることがある。

ところで,
保健師看護師助産師法第41条にもほぼ同様の規定が設けられている。
「助産師は、妊娠4月以上の死産児を検案して異常があると認めたときは、24時間以内に所轄警察署にその旨を届け出なければならない。」

ここでは,「異常」の用語が用いられている。
(ネットで調べた限りにおいては,すべて同様である)

立法者は「異状」と「異常」の違いを殆ど意識していなかったことの一つの表れか?

平井利明のメモ

|

« 実家からのジョグ | トップページ | 南海線と四つ橋線の接続構想 »

医事関連」カテゴリの記事