« 著作権テキスト:初めて学ぶ人のために(文化庁) | トップページ | 深夜の時間帯における考察 »

2012.07.15

手書き入力とテキスト入力のできるメモアプリ

メモを残すこと。大事なことである。

メモを残す場面は大きくは2つあろう。

1つは,文章の下書きのようなもので,ある程度の量を筋道をたててまとめておくことになる。
そのような場合には,キーボードに向かって入力することが便利な場合が多いだろう。
私は,このような場合,デフォルトの「メモ帳」を基本的には用いている。
使い勝手がよいとは思わないが,outlookのメモと同期できて保存性等に優れている(なお,EvernoteやDropboxなどのクラウドはいずれも運営等の実態が不明なので全く利用していません)。

もう1つは,思いついたことをさっとメモしておきたい場面だろう。
このような場合には,迅速性が要求されるので手書きタイプのメモが便利。キーボードを打つよりはるかに楽である。
私は,「Penultimate」を利用している。
http://itunes.apple.com/jp/app/penultimate/id354098826?mt=8
他にも,いくつかアプリとしては登録をしているが,今のところ私には一番しっくりとしている。

Penultimateの難点は,手書き入力はできるが,テキスト文字の入力ができないこと。メモするには手書きだけできれば十分かと思われるかも知れないが,ネットでコピーしてきたテキスト情報を,ペースト(貼り付け)して同一のファイルに載せておきたいことが度々生じる。つまり,思いついたことを手書きでメモ書きしておいて,ネットから拾ってきた関連情報をテキストでコピペして貼っておく。最低限,リンク情報だけでも貼っておきたい。

これができれば便利だと前々から思っていて,折を見てアプリをさがしていたのだが,なかなかそのようなアプリを実際に見つけることができていなかった,
しかし,
「NoteLedge」はそれができるアプリのようですね。http://itunes.apple.com/jp/app/noteledge/id483101556?mt=8
手書きとテキストの両方の入力が出来るだけでなく,動画や写真を貼り付けたりが可能等かなりの多機能。

但し,手書きだけの場面でいうと,Penultimateの方が,反応が速くストレス感が小さい。
よって,メモを利用する場合によって,アプリの使い分けが必要となるのだろう。

(なお,アプリは,ご自身の判断にて利用ください)

平井利明のメモ

|

« 著作権テキスト:初めて学ぶ人のために(文化庁) | トップページ | 深夜の時間帯における考察 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事