« iPadでのファイルのPDF化 | トップページ | 2012年9月のジョギング »

2012.09.30

GoodReaderを使ってみて。

膨大な資料等をPDF化し,あるいは,ファイルそのものをiPadに入れて持ち運ぶ機会は増えて来ている。
もっとも,そのために仕事メインで用いるためのiPadを別途購入したのだから。

iPadでPDFを扱うには,GoodReaderが一番評判がよさそうなので使っているが,今まで,必要に応じた最低限度の使用方法しかして来なかったので,どのようなことが出来るのかがあまりつかめていなかった。

昨日は,iPadにてPDF化するアプリを取り入れたこともあり,この際に,Goodreaderでどのようなことが出来るのかを確認するために,時間を使って色々と試してみた。
道具は,結局のところ実際に使ってみないと何が出来るのかわからないものでありますから。

アプリ使用時の「パスコード」設定できる。
持ち運びをする以上,できる限りのセキュリティー面の配慮は必要である。

PDFファイルに対して加工等も一定程度だが可能である。
例えば
テキスト文字を挿入させて,また吹き出し(callout)をつけることも出来る。
アンダーラインや取消線を引いたりも出来る。
マーカーPhotoを引くことも出来る。
フリーハンドを使うと文字などを書くことも出来る。
等々
実際にもかなり便利に使えるようである。
更なる研鑽は当然に必要なのだろうけれども,それなりには使えそうなのでこれからは,活躍となる場面が増えることになるはず。

PC内のファイルをiPadに移行させる際には,
goodreaderUSB for windowsを使わせていただいている。
itunesを用いた同期に比べて格段の省力化が図れている。
過去ログ
http://h-t.air-nifty.com/ht/2012/05/goodreaderusb-f.html
それでもさらにもっと楽な方法があればとは思ってはいるのだが(笑)。

少しずつではあるが,iPadでファイルなどを持ち運んだり扱ったりする環境が整いつつあるかな。

goodreader関連のログ
(いずれもその時点の内容であることにご注意ください)

2012.04.27
GoodReaderにおけるUndo
http://h-t.air-nifty.com/ht/2012/04/goodreaderundo-.html

2012.04.27
iPadでのpdfファイルの編集作業
http://h-t.air-nifty.com/ht/2012/04/ipad-c1ed.html

2011.07.08
iPad2 + GoodReader でPDFファイルを閲覧する際の圧縮について
http://h-t.air-nifty.com/ht/2011/07/ipad2-goodreade.html

2011.06.30
一太郎ファイルのWord変換分の表示
http://h-t.air-nifty.com/ht/2011/06/word-1ad2.html

|

« iPadでのファイルのPDF化 | トップページ | 2012年9月のジョギング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事