« 大阪クラシックにて | トップページ | 立命館大学法科大学院舞鶴市無料法律相談(2012年9月8日及び9日) »

2012.09.06

帝国ホテルの音楽會オペラとオペレッタ~華やかな饗宴~

2012年9月6日(木) 19:00開演 帝国ホテル大阪のチャペルにて

出演:
松岡万希(ソプラノ)
端山梨奈(ソプラノ)
藤田卓也(テノール)
關口康祐(ピアノ)

オペレッタ「メリーウィドウ」より(レハール)
 おおわが祖国よ
 唇は語らずとも
オペレッタ「こうもり」より(J ・シュトラウスⅡ)
 あなたを失い1人っきり
 公爵様・・・
 故郷の響きは
 上品品なるふるまい
 田舎娘を演じるには
 シャンパンの歌

<第2部>
オベラ「愛の妙楽Jより(ドニゼッティ)
 妙薬・・・お前は僕のもの
オペラ「ラクメ」より(ドリーブ)
 花の二重唱
オペラ「トゥーランドット」より(プッチーニ)
 誰も寝てはならぬ
オペラ「ラーボエーム」より(プッチーニ)
 私が街を歩くと
オペラ「ジャンニ・スキッキ」より(プッチーニ)
 私のお父さん
オペラ「蝶々夫人」より(プッチーニ)
 ある晴れた日に
 愛の二重唱

Img_5862


 皆さんかなり上手い方々でレベルが高かった。今宵は人の声を十分に楽しめるましたよ(私にとって,多分,お初の方々だったように思うのですが?)。
 また楽しいMCでもありました。
 帝国ホテルのチャペルは,かなり響くので器楽にはあまり向かないだろうと思いますし,人の声でさえも響きすぎと感じる部分もあるのですが,こじんまりとしていることもあって,はまったときはとても心地よい響きになります。
 今宵は特にそんな機会でした。声楽に興味がない人でもきっと興味をもってもらえるようなメンバーと曲でしたので,多くの方に聴いていただきたかったと正直感じました。はまってしまうと,逃げられない世界です。
 人の声は,最高の楽器であるとよく言われます。
 私は,昔は器楽曲一辺倒だったこともあり声楽曲はほぼ聴かなかったのですが(何言っているかわからないし,何を素っ頓狂なことやっているの?という世界とも感じられますw),中丸三千檜さんの本を読んでまたライブを聴いてから,考えを全く改めました。素晴らしい世界です。
 本当に,全くはまってしまう世界なので,興味のある方は,声楽のライブも是非とも聴いてくださいませ!

|

« 大阪クラシックにて | トップページ | 立命館大学法科大学院舞鶴市無料法律相談(2012年9月8日及び9日) »

文化・芸術・趣味等」カテゴリの記事