« 工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕@特許庁 | トップページ | iOS6とbluetooth3.0とは適合していない?(ワイヤレスステレオヘッドセットが十分に使えない) »

2013.01.10

iPadとiPadminiとスタイラスペン(タッチペン)

基本的にはiPadminiを持ち歩いている。
しかし,資料を見るにはiPadの方が適している。
そして,iPadminiは資料を見ながらメモしたりする際には役立ちそう。
手書き入力した文字をテキスト文字に変換してくれる「7note」や「Note Anytime」などが使いやすくなるでしょう(なお,かつて手書きメモは「NoteLedge」がいいと思っていましたが,「Note Anytime」の方がより使い勝手がいいですね)。
なお1つの機器では,資料閲覧とメモを同時に行うことは,頻回の切り替えを伴うため面倒です。
ということで,場合によっては資料・記録等閲覧用のiPadとメモ等用のiPadminiの両方を持ち歩くことも一つの選択肢なのでしょうね。実際,今日はそれを試してみました。
ただし,2台で約900gとなるので,レッツノートR9(900g弱)の重さを超えてしまうことにはなってしまいますことは一つの悩みどころ。

2台持ちで,iPadminiをメモ等として利用する場合には更に難点が有ります。
私の場合,iPadminiに手書き入力する際のスタイラスペン(タッチペン)に適切なものを持ち合わせていないのです。
指で書くと,iPadでもiPadminiでも特に問題は生じないのですが(指だと書きづらいという点は別として),スタイラスペンによる入力だと,iPadについては特に問題が無くスムーズに入力できても,iPadminiへの入力の場合は上手く文字等が表示されずに今ひとつの結果となってしまう。

調べたところ,ペンの伝導性が不足してるとこのようなことが起こるようですね。
従来のiPadよりもiPadminiの方が伝導性のよいものを用いないとダメなようですね。
他にも,ペンを持っていない方の手をiPadminiの裏の金属面に触れて静電気の逃げ道を確保すると多少は改善するようですね。

iPadminiにも使えるいいスタイラスペンを探さなければなりませんが,なかなか探しづらい。実際に使用してみないと,その善し悪しがわからないものなので。

|

« 工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕@特許庁 | トップページ | iOS6とbluetooth3.0とは適合していない?(ワイヤレスステレオヘッドセットが十分に使えない) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事