« 有線LANを無線LAN化 | トップページ | VaioPro13 »

2013.11.04

iPadAir

発売日の平成25年11月1日朝に購入してきた。
その店では、私の購入時には、他に求める客もおらず少し拍子抜けではあった。

1383540669499.jpg 上からiPad mini、iPadAir、iPad3

求めたのはホワイトの128Mタイプ。wi-fi版。
店頭に並べられた機器を見た最初の印象は、
どこに置いてあるの?
ああ、これ?
iPadminiの大きいもの?
といった感じ。
画面の周りの枠(ベゼル)が狭くなり、背面もつるつる感がなくなり、画面の大きさ以外にはiPadminiと変わらなくなってしまったように感じた。

1383540670238.jpg iPad3とiPadAirとiPad miniを重ねてみた

持った感じは、私の持っているiPad2と3に比べると確かに軽い。
しかし、使い慣れてしまっているiPadminiと比較するとやはり重い。
新製品が400g以下になれば買うことについて迷う余地はないと考えていたのだが、450gを超える重さはやはり悩みどころ。
それでも、資料をiPad(mini)に入れて持ち運び閲覧することの多くなってきた昨今、iPadminiでは画面が小さいと感じていたところでもあり思い切って購入。

ここ数日使ってみた実感
非常に優れた製品だと感じている。
軽くはない。しかしかなり実用に耐える程度にまでは来ているのだろうか。
また、処理速度も速くなっている。
資料を読むには画面の大きさはこの程度はほしい。

iPadminiの次世代機も楽しみにしていたのだが、iPadAirとiPadminiの2台持ちを考慮する際、特に小さい画面にこだわりがなければ、iPadAirの2台でもよいのでは?とも思ってしまう。

iPad(3)からのアプリの移行もスムーズに終わり、アプリの配置なども整え(使い勝手を考えると結構大事なこと)、必要な設定を加え(Wi-fi、ATOKPadのATOKSyncなど)なんとか使える状態に。

今までは、iPadminiをメインで持ち歩いていたが、今後は、iPadAirをメインで持ち歩くことになりそう。

1383540670761.jpg

なお、次世代機は350g程度になってほしいものです。
ただ、そうしてしまうとiPadminiの存在意義がほとんどなくなってしまうので、今後も急激に軽くなることはないのでしょうかね。

|

« 有線LANを無線LAN化 | トップページ | VaioPro13 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事