« 複数のiPadやiPhoneでの登録単語の同期 | トップページ | 各監査役の意見を聞いて »

2013.11.17

神戸マラソン2013

11月17日は神戸マラソン2013に参加
第1回目から応募はしていたものの抽選に当たらず,今回初めて当選となった次第。

大勢のランナーの中で,沿道の方々の応援を受けながら走るということはなかなか病みつきになる感覚を味わうことが出来ます。
ということで,都市型マラソンにはまっている昨今。
神戸マラソンへの参加でそのような大会への参加が一つ増えたことになる。

不摂生の多い日常を考えると,このようなことにチャレンジをして,体力維持へのモチベーションを高めるということは必要なことなのでしょう。
ただ,無理は禁物。
昨年10月のかなり坂のあるマラソン大会でタイムを狙い下り坂で攻めて膝を痛めてしまうことになりました。
その後も骨の当たるような傷みが継続し,軟骨や半月板などを痛めてしまって,正直なところ,もうフルマラソンは無理なのだろうと思うことも多々ありました。
しかし,
今年の6月頃になって,ようやく少しずつ練習が出来るようになり,その後も,おそるおそる準備を積んで,今日に至った次第。
その意味で,今回は,完走が最大の目的。
膝の痛みが復活することなく,ゴールに着けたことは何よりも嬉しいことです。
ただし,練習は正直です。
練習をした範囲ではどうにか走れたものの,それを超えた部分はダメで結局歩くことに。
昨年のツルマラソンで,4時間を切ることは叶わなかったものの,それなりのタイムをだせたことから,今回は,4時間切りを狙う人が多いエリアでのスタートとなった。
回りがそのような人達なので,最初からズルズルと下がるのも面白くないので,出来るだけついていくこととした。それなりの調子ではあったが,それでもオーバーペース感はあったので,走りながら,ハーフを超えると結構ダメージが来るのではないだろうかとは思っていました。
案の定,30キロぐらいからは脚がもたなくなり,かなり歩くこととなってしまったことが残念。
それでも,タイムが4時間14分台(正味は10分台)だったことにはある種の満足感もあります。

次は更に上を目指したいものです。

マラソン練習に真面目に取り組むようになってから思うことは,何事も一緒ということ。
練習(準備)が出来ていない部分は,結局,本番でも一緒。
練習(準備)が出来ている部分は,やはりそれなりに成果が出せる。
また,本場の馬鹿力も,結局その背景には練習(準備)がなければダメ。
マラソンのように体に痛みを伴うものは,とてもわかりやすい。

なお,
フルマラソンの翌日に授業担当は今回が初めての機会。
翌々日に東京出張というのも初めてのチャレンジ。
しかし
極度の怪談(階段)恐怖症の状態ではあったものの授業そのものはスムーズに。
朝5時には起きて,授業準備も完了させた。
東京行きも何の問題も無し。
ただし,それは42キロ走りきれなかったからだとすると,残念なのだが。

来年1月の大阪ハーフマラソン,
そして2月の京都マラソン(フルマラソン)に向けて,
また頑張りたいものです。

第3回神戸マラソン(英文名:Kobe Marathon 2013)
主 催 兵庫県/神戸市/兵庫県教育委員会/神戸市教育委員会/(一財)兵庫陸上競技協会
共 催 神戸新聞社/朝日新聞社

2013年(平成25年)11月17日(日)
9:00 マラソンスタート


神戸マラソンのコースマップ
http://www.kobe-marathon.net/pdf/course.pdf

ゴールシーンが公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=DXJi0OcjPmc

11月30日記

|

« 複数のiPadやiPhoneでの登録単語の同期 | トップページ | 各監査役の意見を聞いて »

思いつくままに」カテゴリの記事