« 「新人看護職員研修ガイドラインの見直しに関する検討会報告書」及びガイドライン改訂版 | トップページ | 平成26年01月30日最高裁判所第一小法廷判決(取締役の会社に対する損害賠償責任関連) »

2014.02.26

平成26年02月14日最高裁判所第二小法廷判決(遺産分割関連)

平成23(受)603遺産確認,建物明渡等請求事件
平成26年02月14日最高裁判所第二小法廷判決

【破棄差戻し】

原審
名古屋高等裁判所
平成22(ネ)414
平成22年12月10日

裁判要旨
共同相続人のうち自己の相続分の全部を譲渡した者は,遺産確認の訴えの当事者適格を有しない。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=83947&hanreiKbn=02

判決文より
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20140214140340.pdf

遺産確認の訴えは,その確定判決により特定の財産が遺産分割の対象である財産であるか否かを既判力をもって確定し,これに続く遺産分割審判の手続等において,当該財産の遺産帰属性を争うことを許さないとすることによって共同相続人間の紛争の解決に資することを目的とする訴えであり,そのため,共同相続人全員が当事者として関与し,その間で合一にのみ確定することを要する固有必要的共同訴訟と解されているものである(最高裁昭和57年(オ)第184号同61年3月13日第一小法廷判決・民集40巻2号389頁,最高裁昭和60年(オ)第727号平成元年3月28日第三小法廷判決・民集43巻3号167頁参照)。しかし,共同相続人のうち自己の相続分の全部を譲渡した者は,積極財産と消極財産とを包括した遺産全体に対する割合的な持分を全て失うことになり,遺産分割審判の手続等において遺産に属する財産につきその分割を求めることはできないのであるから,その者との間で遺産分割の前提問題である当該財産の遺産帰属性を確定すべき必要性はないというべきである。そうすると,共同相続人のうち自己の相続分の全部を譲渡した者は,遺産確認の訴えの当事者適格を有しないと解するのが相当である。

|

« 「新人看護職員研修ガイドラインの見直しに関する検討会報告書」及びガイドライン改訂版 | トップページ | 平成26年01月30日最高裁判所第一小法廷判決(取締役の会社に対する損害賠償責任関連) »

裁判例」カテゴリの記事