« 平成26年01月24日最高裁判所第二小法廷判決 (労働時間関連) | トップページ | 平成26年02月27日最高裁判所第一小法廷判決(権利能力無き社団と所有権移転登記手続関連) »

2014.03.03

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)の推奨動作環境

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に登録されているとのこと。
ということで、アクセスをしようとしたところ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
非推奨環境の警告
【注意】e-Radでは、ログイン時に推奨環境のチェックを行っています。 あなたが使用しているブラウザはInternet Explorer11であり、e-Radにおいて指定している推奨環境ではありません。
Internet Explorer11を御利用の場合には、IDパスワード入力後の「追加認証」画面において「実行」ボタンがクリックできないという問題が確認されており、現在ログインを制限させていただいております。e-Radの御利用にあたっては、推奨環境として定めているブラウザを使用してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とのこと。

因みに
推奨動作環境
クライアントPCについて
Windows 7 SP1
→ IE 8 IE 9 IE 10 Firefox 16.0.1
Windows 8
→ IE 10
とのこと

因みに
2014/2/25 12:18のトレンドマイクロ社は次のような告知を行っているとのこと。
「トレンドマイクロ株式会社は24日、Internet Explorer(IE)に影響する未修正の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が、日本国内のウェブサイト改ざん事例で確認されたとして、注意を喚起した。(略)
トレンドマイクロでは、この攻撃につながるウェブサイト改ざん事例が、日本国内のウェブサイトでも複数発生したことを確認。(略)
脆弱性は、IE10およびIE9のみに影響があり、IE11およびIE8/7/6には影響がない。現時点で、マイクロソフトからこの脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムは提供されていないが、脆弱性の影響を緩和するためのツール「Fix it」が提供されている。トレンドマイクロでは、最新のIE11であればこの脆弱性の影響を受けないため、IE11にアップデートすることを推奨している。」
とのこと。
InternetWatch http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140225_636782.html

今さらIE10には戻せません。

日本の研究に携わる重要システムであるならば,セキュリティーにもっと敏感になっていただきたいと思うのだが。

|

« 平成26年01月24日最高裁判所第二小法廷判決 (労働時間関連) | トップページ | 平成26年02月27日最高裁判所第一小法廷判決(権利能力無き社団と所有権移転登記手続関連) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事