« 「調査の目的・結果について,遺族が納得する形で説明する」こととは? | トップページ | 改正会社法及び改正法務省令に対する監査役等の実務対応(日本監査役協会) »

2015.02.28

裁判提起の難しさ(セクハラ発言に関する最高裁判決を読んで考えること)

何のために裁判を・・・・
セクハラ判決(最高裁)

訴訟を提起した2人は,セクハラ発言による降格処分等を争って裁判提起。
その事は理解できます。...
しかし,その結果は,所期の目的を達することが出来なかったばかりか,2人の発言内容が,最高裁判決を起点として世間に広まった。
マスコミやネットにて拡散される。

同じ職場で居続けることができるのだろうか?
家庭は大丈夫なのだろうか?
そんな心配をしてしまいます。

判決内容が(一部ですが)ネットで開示される現在
そのことをも視野に入れて訴訟提起等を考えなければならないということですね。
しかし,現実問題として,そのようなことまでを想定しての裁判提起など,なかなか出来ないことですからね。

最高裁判決
平成26年(受)第1310号 懲戒処分無効確認等請求事件
平成27年2月26日 第一小法廷判決
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf

|

« 「調査の目的・結果について,遺族が納得する形で説明する」こととは? | トップページ | 改正会社法及び改正法務省令に対する監査役等の実務対応(日本監査役協会) »

裁判例」カテゴリの記事