« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.22

コーポレートガバナンスに関する基本方針ベスト・プラクティス・モデル(日本取締役協会)

コーポレートガバナンスに関する基本方針ベスト・プラクティス・モデル(2015)
http://www.jacd.jp/news/gov/150420_post-151.html

なお
指名委員会等設置会社版
監査等委員会設置会社版
監査役設置会社版
が掲載されています。

|

2015.04.16

「知ってなっとく独占禁止法」(平成27年4月版,公正取引委員会)

パンフレット「知ってなっとく独占禁止法」
平成27年4月1日施行の改正独占禁止法に対応
とのこと
http://www.jftc.go.jp/houdou/panfu.files/dokkinpamph.pdf

|

今のところ,手書き入力アプリのmazecとiOS8.3との相性悪し

やはりそうだったのか。
手書き入力,重宝しているのだが。
しかし,今からiOS8.2には戻れない。
早く,mazecがiOS8.3に対応をしてくれるのを待つしかなさそうだ。

<iOS 8.3対応について>
最新のiOS 8.3でmazecの動作不正を確認しています。
iOSでmazecをお使いの場合は、iOS 8.3へのアップデートは行わないでください。
https://itunes.apple.com/jp/app/mazec-shou-shuki-ri-ben-yu/id915223450?mt=8

4月18日追記
4月16日付けでアプリがアップデートされ,不具合が修正されましたね。

|

2015.04.15

会社法改正に伴う各種モデルおよび事務取扱指針等の改正ならびに「反対株主の株式買取請求事務取扱指針」の制定について(全国株懇連合会)

会社法改正に伴う各種モデルおよび事務取扱指針等の改正ならびに「反対株主の株式買取請求事務取扱指針」の制定について
平成27年4月3日
全国株懇連合会理事会決定

http://www.kabukon.net/pic/39_1.pdf

|

「株主代表訴訟への対応指針-監査役実務の視点から-」(平成27年3月5日,日本監査役協会)

「株主代表訴訟への対応指針-監査役実務の視点から-」
http://www.kansa.or.jp/support/el002_150305.pdf

|

「コーポレートガバナンス・コードに対する当協会の考え方及び今後の方針について」(平成27年3月5日,日本監査役協会)

「コーポレートガバナンス・コードに対する当協会の考え方及び今後の方針について」

http://www.kansa.or.jp/support/el002_150305_03.pdf

|

会計監査人の選解任等に関する議案の内容の決定権行使に関する監査役の対応指針(平成27年3月5日,日本監査役協会)

会計監査人の選解任等に関する議案の内容の決定権行使に関する監査役の対応指針
http://www.kansa.or.jp/support/el002_150305_02.pdf

|

iPhoneのココログアプリからアップした記事の投稿日が2704年になっている件

iPhoneのココログアプリのアップデートにより,iPhoneからブログにアップした記事が,ブログに反映されるようになったことは嬉しいことです。
今までの不調を考えると,大きな進歩。

しかし, 数日前に投稿した記事の日付が「2704.12.01」になっているのは,何でやねん!(苦笑

これだけ未来過ぎると,記事の修正も出来ないのですよ。事実上。(離れた日の日付の修正は大変なのです)。

|

Googleのロケーション履歴

グーグルのロケーション記録について
このような記事があります。

「移動履歴・あなたの趣味をGoogleは全部知っている これが確認方法だ」(週アスplus,三上洋氏の記事)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/326/326088/

自分の履歴は
https://maps.google.com/locationhistory/b/0
で調べられるようですね。
履歴は消せるようですが,
本当に,消えるのでしょうか?

|

医療事故調査報告書に用いる表現

「事業用自動車事故調査委員会」というものが発足していて

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000171.html

その「事業用自動車事故調査委員会」が,2件の交通事故について,事故調査報告書を公表したことが報じられています。


公表されている報告書はこちらで見ることが出来ます。

http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/jikochousa/report1.html


ところで

これらの報告書においては,

「本報告書に用いる分析・検討結果を表す用語の取扱いについて」

として,次のように記されています。

① 断定できる場合 

  ・・・「認められる」

② 断定できないが、ほぼ間違いない場合

  ・・・「推定される」

③ 可能性が高い場合

  ・・・「考えられる」

④ 可能性がある場合

  ・・・「可能性が考えられる」

医療界においても,この10月から事故調査報告書の作成が義務づけられますが,作成の際の表現をどのようにするかは,難しいところです。

よって,このような表現についてのルールを定める必要性も考えられます。

参考までに述べますと,

産科医療補償制度においては原因分析報告書に用いる表現にルールが定められています。

産科医療補償制度 見直しに係る中間報告書

平成25年6月10日

「原因分析のあり方」の中の「医学的評価の表現」には,次のように記されています(但し,その後改訂されている可能性があります)。

http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/documents/other/pdf/tyukanhokokusyo.pdf

医療水準について高いものから低いものについて,順次,次のようなランク分けとしての「表現・語句」を用いるとされています。

・優れている

・適確である

・医学的妥当性がある

・一般的である

・基準内である

・選択肢のひとつである

・選択肢としてありうる

・医学的妥当性は不明である(エビデンスがない)

・医学的妥当性には賛否両論がある

・選択されることは少ない

・一般的ではない

・基準から逸脱している

・医学的妥当性がない

・劣っている低い

・誤っている

「原因分析報告書作成マニュアル」(平成24年6月22日版)

正直なところ,医療についての素人としての感覚として,違いがよくわかりません。

また,そのランク付けが適切であるか否かもわかりません。

いずれにしても,院内事故調査で準拠するには適切では無いのかもしれません。

かといって,他に適切な表現があるのだろうか?という問題となりますが,比較として言うならば,「事業用自動車事故調査委員会」が示しているランク分けの方が,医学の素人にも馴染みやすいのかも知れません。

|

2015.04.14

平成27年4月14日福井地方裁判所決定(高浜原発3,4号機運転差止仮処分命令申立事件)原子力発電所差し止め関連

平成26(ヨ)31高浜原発3,4号機運転差止仮処分命令申立事件
平成27年4月14日福井地方裁判所民事第2部

判示事項の要旨
高浜原発から半径250キロメートル圏内に居住する債権者らが,人格権の妨害予防請求権に基づいて高浜原発3,4号機の運転差止めを求めた仮処分請求につき,高浜原発の安全施設,安全技術には多方面にわたる脆弱性があるといわざるを得ず,原子炉の運転差止めは具体的危険性を大幅に軽減する適切で有効な手段であり,原発事故によって債権者らは取り返しのつかない損害を被るおそれが生じ,本案訴訟の結論を待つ余裕がなく,また,原子力規制委員会による再稼働申請の許可がなされた現時点においては,保全の必要性はこれを肯定できるとして,運転差止めを認容した事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=85038

決定文 http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/038/085038_hanrei.pdf

|

2015.04.11

JAAF IDの検索サイト

本日,大阪マラソンへのエントリー完了
なお,途中 JAAF ID( 公益財団法人日本陸上競技連盟のID)の入力を求められます。
実力も無いのですが,陸連登録を今年もしているところ,私の手もとにある登録会員証には,ID番号の記載は無い。

どうしたものかと思ってネットで検索してみますと,IDの検索サイトがあるのですね。
それで調べて入力致しました。

https://api.start.jaaf.or.jp/search

|

2015.04.09

『これってあり?まんが 知って役立つ労働法Q&A』(厚労省)

【全体版】これってあり?~まんが知って役立つ労働法Q&A~
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000080504.pdf
【スマホ版】これってあり?~まんが知って役立つ労働法Q&A~
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000080505.pdf

『知って役立つ労働法~働くときに必要な基礎知識~』
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/z.pdf

|

公営企業の経営戦略の策定支援と活用等に関する研究会報告書(総務省)

公営企業の経営戦略の策定支援と活用等に関する研究会報告書
概要
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351835.pdf
全文
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351836.pdf
(資料1)分析表の例
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351837.pdf
(資料2)投資の合理化
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351838.pdf
(資料3)公営企業会計適用の影響と効果等
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351839.pdf
(資料4)広域化・民間活用研究会(概要)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000351840.pdf

「公営企業の経営戦略の策定支援と活用等に関する研究会報告書」の公表(総務省)」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000106.html

|

平成27年4月9日最高裁判所第一小法廷判決(親の監督義務関連)

平成24(受)1948損害賠償請求事件
平成27年4月9日最高裁判所第一小法廷判決

【破棄自判】

原審
大阪高等裁判所
平成23(ネ)2294
平成24年6月7日

判示事項
責任を弁識する能力のない未成年者が他人に損害を加えた場合において,その親権者が民法714条1項の監督義務者としての義務を怠らなかったとされた事例
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85032

判決文
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/032/085032_hanrei.pdf

判決文より
「本件は,自動二輪車を運転して小学校の校庭横の道路を進行していたB(当時85歳)が,その校庭から転がり出てきたサッカーボールを避けようとして転倒して負傷し,その後死亡したことにつき,同人の権利義務を承継した被上告人らが,上記サッカーボールを蹴ったC(当時11歳)の父母である上告人らに対し,民法709条又は714条1項に基づく損害賠償を請求する事案である。上告人らがCに対する監督義務を怠らなかったかどうかが争われている。」

「親権者の直接的な監視下にない子の行動についての日頃の指導監督は,ある程度一般的なものとならざるを得ないから,通常は人身に危険が及ぶものとはみられない行為によってたまたま人身に損害を生じさせた場合は,当該行為について具体的に予見可能であるなど特別の事情が認められない限り,子に対する監督義務を尽くしていなかったとすべきではない。」

|

2015.04.01

民法の一部を改正する法律案(債権法等の大改正)

民法の一部を改正する法律案http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00175.html

法律案要綱
http://www.moj.go.jp/content/001142180.pdf
法律案
http://www.moj.go.jp/content/001142181.pdf
新旧対照条文
http://www.moj.go.jp/content/001142184.pdf

民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00176.html

法律案要綱
http://www.moj.go.jp/content/001142185.pdf
法律案
http://www.moj.go.jp/content/001142186.pdf
新旧対照条文
http://www.moj.go.jp/content/001142257.pdf

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »