« 講演(紀南病院) | トップページ | 世界を旅するダック »

2015.07.29

コーポレート・ガバナンスの実践 ~企業価値向上に向けたインセンティブと改革~」「(コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会)

「コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会」
報告書

「コーポレート・ガバナンスの実践 ~企業価値向上に向けたインセンティブと改革~」 
平成27年7月24日
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004-1.pdf

別紙1 我が国企業のプラクティス集
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004-2.pdf

別紙2 会社役員賠償責任保険(D&O保険)の実務上の検討ポイント
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004-3.pdf

別紙3 法的論点に関する解釈指針
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004-4.pdf

参考資料 英米における取組の概要
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004-5.pdf

「コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会」報告書を取りまとめました
http://www.meti.go.jp/press/2015/07/20150724004/20150724004.pdf

なお
「コーポレート・ガバナンスの実践 ~企業価値向上に向けたインセンティブと改革~」には
次の通り記載されています。

「1. 我が国企業を取り巻く環境の変化
○ 本格的なグローバル競争時代の中にあって、AI・ビッグデータ時代の到来を迎え、これまでの産業構造の大きな転換・非連続なイノベーションが求められることや、コストの面でこれまでに類をみない範囲でしのぎを削らなければならないなど、グローバル競争はこれまでにない熾烈なものとなっている。
○ こうした状況のもと、我が国企業の「稼ぐ力」の向上のため、中長期的な収益性・生産性を高めることが重要である。スチュワードシップ・コードの策定(平成26年2月)、社外取締役の確保に向けた改正会社法の施行(平成27年5月)、コーポレートガバナンス・コードの策定(平成27年6月適用開始)等もこうした背景の中でなされた。」

「コーポレートガバナンス・コードの策定」は「稼ぐ力」向上のためですか・・・・・・。

|

« 講演(紀南病院) | トップページ | 世界を旅するダック »

企業関連等」カテゴリの記事

官公庁等」カテゴリの記事

法律関連」カテゴリの記事