« 40本の赤い薔薇の日! | トップページ | 第162回国会「不正競争防止法等の一部を改正する法律案」 »

2005.06.23

コンフェデレーションズカップ

 日本は,主力を登場させたブラジルとの試合で2対2だったとのこと。ブラジルも勝たなければならない試合なので,W杯出場を既に決めている日本にとっては少なくとも将来のためになる試合となるだろうなとは思っていたが,点を取っての引き分けならば,将来につながるか。
 さすがに試合の時間帯が午前3時半頃からということで観ることはかなわなかったのが残念。
 先般,メキシコ戦の前半はテレビ観戦をできた。前半の前半は,日本が1点を先制し且つ守備等もかなり機能しているように見れたが,前半の後半になると,ボールがメキシコに支配されるようになり,ダメだろうなと感じていた。前半に1点を返されてしまった。まだ世界は遠いと感じざるを得なかった。新聞で知ったが,案の定,後半に逆転されていた。
 次の,ギリシャ戦は時間帯の都合等により全く観ることがかなわかったが,(最高時に比べ大幅な戦力ダウンとなっている状態とはいえ)ヨーロッパの代表国を相手に勝ったとは驚嘆すべきこと。
 そして,今回は世界王者との対決での健闘。
 でも,過酷ながら,最終的評価は勝ってなんぼの世界。引き分けて決勝リーグに進んだのはブラジルであり,日本は予選リーグ敗退。厳しい現実。
 次は,ブラジル等の強豪をなぎ倒す姿を是非とも見てみたい。 

|

« 40本の赤い薔薇の日! | トップページ | 第162回国会「不正競争防止法等の一部を改正する法律案」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデレーションズカップ:

« 40本の赤い薔薇の日! | トップページ | 第162回国会「不正競争防止法等の一部を改正する法律案」 »