« 産科医療補償制度について(厚生労働省動画) | トップページ | 「ウマカケバクミコのウマクカケバウマクイク展2009」は5月9日から »

2009.03.27

演奏会形式のフィガロの結婚@帝国ホテル大阪

演奏会形式のフィガロの結婚
帝国ホテル大阪のチャペルにて

栗山氏のお話では
今宵の人選は
これからの関西を担っていく人々達を
とのこと。

そのお話通り
一人一人のレベルが高い
素晴らしい演奏でした。
一人一人がしっかりしていると
ソロもよければ
重唱になったときの充実感は
何物にも変えがたい。
とても満足。
声の世界
いいねえ・・・・・・。
改めて納得。

わずかな休憩を除いて
殆ど2時間ずっと歌の世界。
伴うのはピアノ伴奏というシンプルな楽器だけ。
チャペルという音響の良い空間。
声の響きや重なり合いを存分に楽しむことが出来
また、フィガロの結婚という曲の素晴らしさを堪能することが出来た。
栗山氏の感想を引用するわけではないが
やはりモーツアルトは凄い。凄すぎ。

なかなかお目にかかることのできないであろう、良い時間を過ごしました。
今宵参加されました皆様の
これからの更なる活躍を期待したいものです。

なお、
ほぼ2時間伴奏し続けのピアノ。
お疲れ様でした。
曲を生かし、歌を光らせるいい伴奏でした。


栗山昌良のオペラノート第11回
モーツァルト作曲
歌劇「フィガロの結婚」
~演奏会形式・原語上演・日本語字幕付~
2009年3月27日(金)
開演19:00

出演
栗山 昌良(構成・解説)
西尾 岳史(フィガロ)
髙嶋 優羽(スザンナ)
松澤 政也(アルマヴィーヴァ伯爵)
西側 槙里子(伯爵夫人)
福嶋 勲(バルトロ)
橘 知伽子(アルチェリーナ)
西村 薫(ケルビーノ)
青砥 純司(バジリオ/クルチオ)
岡村 真(アントニオ)
小泉 文(花娘)
林 麻耶(花娘)
満多野 志野(ピアノ)

帝国ホテル 大阪
チャペルコンサート


なお会場には
御年102歳になるという
往年の歌手嘉納愛子さんがお見えになっていた。
山田耕筰氏と一緒に活動をされていたとか・・・・・・・

|

« 産科医療補償制度について(厚生労働省動画) | トップページ | 「ウマカケバクミコのウマクカケバウマクイク展2009」は5月9日から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会形式のフィガロの結婚@帝国ホテル大阪:

« 産科医療補償制度について(厚生労働省動画) | トップページ | 「ウマカケバクミコのウマクカケバウマクイク展2009」は5月9日から »